運の要素が強いFXも実は情報戦

運の要素が強いFXも実は情報戦


運の要素が強いFXも実は情報戦
これからFXの取引をしようと考えている人はある程度知っておく必要があります。
まずはFXについての基礎知識をしっかりと頭に入れておきましょう。

損切りというのは、貴方の決断が最重要なこととなるので、我慢することも大切なことですが諦めるということはそれ以上に大切な事となるのです。
ずるずると負債が膨らまないようにするために損切りは必要なのです。
貴方が買った通貨が下落した場合、どんなにスワップがあるからと言いましても、楽観的に考えてしまってはいけません。
FXにおいて失敗する典型ともなっているので損切りやその他情報収集が非常に重要となるのです。

FXでは運の要素ももちろんありますが、基本的には情報戦ということになります。
どれだけ情報を集めて納得した上で通貨を購入しますので、例え1円でも下落した場合は翌日には上がるや明後日には上がるなどを考えないで損切りをする勇気を持ちましょう。 FXをしていない人の中には「そんな無駄金を使いたくない」と考えている人もきっと多いことかと思います。
確かに損失を出してしまえば無駄金となりますが、それは必ず今後の利益に繋がることになるのです。



運の要素が強いFXも実は情報戦ブログ:31 10 19

わたしは、ダイエットのために食事にも気を付けて、
運動も頑張っていたんですが、ぎっくり腰になってしまいました。

ぎっくり腰の治療中はほとんど動けませんから、
当然運動などはできません。
ひたすらジーっと布団で横になり、痛みが引くのを待つしかありません。

で、どういうわけか
食事のダイエットまでお休みしてしまいました。

本来「ぎっくり腰で運動ができない」ことと
「ダイエット」は関係ありません。
ましてや「ぎっくり腰」と「食事」なんてまったく無関係です。

でも人間心理として
「ぎっくり腰で運動できない」=「ダイエットできない」
と考えてしまい、その結果
「食事のダイエットもやめてしまう」
という図式になってしまったんですね。

やがて、ぎっくり腰が治って、ふと鏡を見ると、
そこにはでっぷりとお腹の出た自分が…
そして体重計に乗ると…

あれだけ食事と運動に頑張っていたのに、
たった1回ぎっくり腰になっただけで、すっかり冷めてしまい
ダイエットをやめてしまったのです。

そして最後に一言。
「あー、ダイエットなんてしていたからぎっくり腰になったんだ」
とか
「ダイエットなんて体を壊すだけだから無理しないようにしよう」
「やっぱりわたしはダイエットなんてできない人間なんだ」
などなど、こんな風に論理が飛躍し、
せっかく頑張っていた苦労を無に吹き飛ばすだけでなく
2度とダイエットをやらないように
自分で自分を方向づけてしまうんですよね。

そもそも、ダイエットしていたから
ぎっくり腰になるなんてことはありえません。

まったく無関係なのに、なぜか責任をダイエットに押し付けてしまい、
せっかくのチャンスを、
たかがぎっくり腰一つで吹き飛ばしてしまったのです!
運の要素が強いFXも実は情報戦

運の要素が強いFXも実は情報戦

★メニュー

運の要素が強いFXも実は情報戦
たくさんのFX会社から徹底比較
FX情報サイトはトレーダー必見
様々なFXの税金対策方法があります
ローソク足を理解して相場の動きをチェック
テクニカル分析の基本中の基本
より一層のFXで利益を出すために
FXに関する多くの情報を収集しよう
FX会社のキャンペーンや手数料に注目
損切りは必要不可欠の手段


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)FX徹底解説情報